2/20/2013

My fingers and toes corossed!


sprayed glaze with this 'cutting-edge' spray and felt dizzy...

この「最先端の霧吹き」で、口で釉薬を吹きつけては、軽くめまいをおぼえ…

 and rubbed off all 'pin holes' which were created during glaze application 
with my finger...

釉薬をかけた時に出来た「ちっちゃい気泡」をひたすら手でこすって消していく…

 and put 'alumina' on the gallery 
to prevent lidded ware's lid and body sticks together during firing...

「アルミナ」というものを、蓋と本体のくっつき防止の為に塗り、

and now ready to pack a kiln!
This is a very first time to use 'gas kiln' and it's quite big.

いよいよ窯詰めの準備が整いました!
今回初めて、「ガス窯」を使います。そして、けっこうデカめです。

  I used 'runny glaze' this time so I needed to put 'clay wads'
underneath pretty much all my pieces to prevent the pieces stick 
on the kiln shelves...
Potters used to lick the wads and stick them to the pieces
but I didn't use my saliva...yuck..  

今回、結構「流れやすい」釉薬を使ったので、
焼いた時に、「作品が窯の棚板にくっついちゃって、いや~ん」
という悲惨なことを避ける為、
ほぼ全部の作品の下に、粘土で作ったちっこい塊をつけました。
昔の人達(今でも)は、自分の唾でつけたらしいです。
でも、私は嫌だったので、粘着剤を使いました。

after 6 hours, all done and ready for firing!!

 6時間におよぶ格闘の末、(ただ自分が不慣れな為…)
焼く準備が整いました!!
 
 My fingers and toes crossed!!!
 

No comments:

Post a Comment